バイアグラはEDを改善したい人のための医薬品です。EDに悩む人は多くても、薬に頼りたくないなど抵抗があるという方も多いと思います。しかし、ED治療薬を服用したからといって勃起はしません。刺激が無ければ薬も役に立たないのです。ですからバイアグラに頼るというより、補うのです。さらに、ED治療薬は病院へ行かなくても購入が可能ですので気になる方はチェックしてみては?

バイアグラの購入方法(個人輸入)

個人輸入のイメージ

バイアグラを通販で個人輸入することは合法行為です。
ただし個人輸入をした本人が使用することが条件で、たとえ家族でも奥さんが夫のために購入することは違法です。
海外個人輸入代行サイトには格安価格でバイアグラを販売していることもありますが、正規品でなく偽物を販売している場合もあり、購入の際には注意が必要です。

個人輸入のメリットはわずらわしさがなく、ネットからすぐに注文できるということです。
価格も安いのですが、購入する際のサイト選びに慎重にならなければなりません。
自分で情報を集める面倒さはデメリットと言えます。

バイアグラは1998年にファイザー社が開発して特許を取得して発売されましたが期間が経過したのでジェネリックも発売されるようになりました。
しかしジェネリックだとしてもあまりに低価格で販売されている製品には注意が必要です。
1錠千円を切るような低価格は偽物を疑った方がいいでしょう。

偽物を売られて騙されるということは詐欺に遭う被害だけでなく有害成分が含まれていると健康への悪影響もあり、国内外で死亡例の報告もあります。
偽物は不衛生な環境で生産されていてどんな不純物が混入しているかわかりません。
個人輸入の結果は完全に自己責任です。

健康被害があった場合でも本人の責任となるので注意しましょう。
念のため買った後にピルカッターで錠剤を割ってみるといいでしょう。
青色の錠剤ですが本物は表面だけ青く中身は真っ白、偽物は中身が青いのでその時点で判別することができます。

個人輸入する際には正規品販売で定評あるサイトを選びましょう。
購入の仕方は通常の通販サイトの利用と同じでカートに品物を入れて買うだけです。
サイトによっては発送から到着までを追跡できることがあります。
購入した場合、海外発送なのである程度時間がかかりますが1週間ほどで手元に到着します。
ダンボールに梱包されていて送り状にもバイアグラとは書かれていないのでプライバシーは守られます。

安く購入したい男性はバイアグラのジェネリックがある

バイアグラは個人輸入を利用すれば比較的安く購入することが可能です。
しかし、個人輸入を利用しても新薬であるバイアグラはそれなりに値段がはります。
バイアグラにはいくつかのジェネリック医薬品が出ています。
ジェネリック医薬品は後発医薬品とも呼ばれ、新薬とほぼ同じ成分、同じ効果があります。

いくつか異なる点もありますが、安全性に問題がないレベルなので基本的には気にする必要がありません。
バイアグラの特許が切れたことで、ジェネリック医薬品は続々と登場しました。
基本的には安く購入できるというメリットが大きいでしょう。
添加物が含まれていたり、安全性の確認がしっかりとされていないというデメリットもあると言われています。
価格が3割~5割程度安くなっているので、医療費削減のためによくおすすめされていますが、最後は自分で考えるようにしましょう。

ジェネリック医薬品でも正規品であれば基本的にはバイアグラと同じと考えてよいです。
しかし、海外から個人輸入をした薬には偽物の割合が多いという報告があります。
一般的な通販サイトと同じと考えてはいけません。
ジェネリック医薬品のリスクよりも、偽物をつかんでしまうというリスクのほうが要注意です。
値段が相場よりもはるかに安くなっている商品には注意が必要です。

信頼できる業者を見分ける自信がなければ、創業年数が長い大手の会社を選んでおくのが無難でしょう。
大手の会社ならインターネット上で口コミなども多数見つかります。
創業年数が長いということは、それだけ長い期間利用者から信頼を得てきたということです。
また、大手ならサイトが日本語に対応していることが多いということもメリットです。
トラブルが起きたときなどに日本語のサポートが受けられると安心できるでしょう。