バイアグラはEDを改善したい人のための医薬品です。EDに悩む人は多くても、薬に頼りたくないなど抵抗があるという方も多いと思います。しかし、ED治療薬を服用したからといって勃起はしません。刺激が無ければ薬も役に立たないのです。ですからバイアグラに頼るというより、補うのです。さらに、ED治療薬は病院へ行かなくても購入が可能ですので気になる方はチェックしてみては?

レビトラの飲み方・効果・副作用をご紹介

レビトラは正しい飲み方をすることが大切です。
日本で認可されている3種類のED治療薬のひとつであり、特徴があります。
そのため飲み方に関しても適した方法を知っておくといいでしょう。

服用から20分ほどで効果が現れ、最高血中濃度に達するまでには40分から50分ほどだと言われています。
そのため、性行為を行う約30分くらい前に服用しておくことが理論上は問題がないと考えることが出来ます。
即効性があるわけではないので、確実に効果を得るためには性行為の1時間前には服用しておくといいでしょう。

レビトラを服用するときは基本的に水で飲むことになりますが、お茶やジュースなどで飲んでも問題はないと言われています。
薬によってはアルコールなどで服用することで薬の効果が強くなったり、逆に弱くなったりすることもあるといいますが、レビトラにはそのような副作用は確認されていません。
少量のアルコールであればリラックス効果を得ることが出来るのでEDの改善にはむしろよい効果を期待することが出来るとも言われています。
ただし過剰な飲酒は危険が伴う可能性があるので注意する必要があります。

レビトラはドラッグストアなどでは販売していません。ですが病院などで処方してもらうことは可能です。
さらに最近では通販などのネットで簡単に個人輸入をすることが出来るといいます。
ただし個人輸入で服用する場合は1ヶ月間だけに限ります。

レビトラを病院で処方してもらう場合、受付でEDの相談ということは言いにくいものです。
そのようなことを言わなくてもいいように、電話で予約をする際にあらかじめEDの相談と診察であることを伝えておくといいでしょう。
またレビトラを通販で個人輸入をするのは合法なので安心して利用することが出来ます。

ただし、レビトラの飲み合わせには気をつけることが大切です。
ですからはじめてレビトラを服用するという場合はしっかりとした医療機関で医者の診察を受けて安心して服用しましょう。

レビトラの購入方法

レビトラは即効性があり、空腹時に服用すると約20分で効果が現れます。
血中濃度は40分から50分ほどで最大となるので、性行為の1時間前に服用するのが理想的な飲み方です。
レビトラは水かぬるま湯で服用しますが、少量のアルコールで服用することも出来ます。
過剰にアルコールを摂取すると酩酊して性行為が困難になるので注意が必要です。
またレビトラを服用すると血管が拡張されて酩酊しやすくなるため、服用後は飲酒を控えます。

レビトラは食事の影響を受けにくく、エネルギー量が700kcal以下で脂肪分が30%以下の食事であれば服用前に摂取出来ます。
牛丼の並盛りであれば効果に大きな影響はありません。
レビトラには副作用としてめまいや頭痛、顔のほてり、鼻づまり、消化不良などがあります。

有効成分のバルデナフィルには即効性があるため副作用も現れやすく、服用した患者の9割以上が発症します。
ただし症状は基本的に軽度で、数時間すれば自然に回復するのが通常です。
数時間経過しても回復しない場合は、病院で診察を受ける必要があります。

レビトラの副作用は基本的に軽度ですが、飲み合わせることが出来ない医薬品を服用したり脳や心臓に重度の障害があると症状が重くなるので注意が必要です。
硝酸剤や一定の不整脈薬、抗真菌薬、HIV治療薬などは一緒に服用出来ません。
また直近6か月以内に脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞の既往歴がある場合なども服用が禁止されます。

レビトラの入手には病院で処方してもらう方法の他に、通販サイトで個人輸入する方法があります。
海外からの医薬品の個人輸入には複雑な手続が必要ですが、通販サイトを利用すれば誰でも簡単に個人輸入が出来ます。
健康上の問題がある場合は病院で診察を受けた方が安心です。
一方健康上の問題がない場合は、通販サイトで個人輸入すれば費用を抑えてEDを治療出来ます。